Garda95.0×55(Garda93.2)血統
飼育参考情報





Garda95.0×55(Garda93.2)血統の♀51mmから出現した3齢初期の幼虫です。
(種親♂は同血統の88mmを使用)

※本血統から誕生した♀から採れた幼虫はやっと3齢初期になったばかりでサンプルはこの2頭のみとなります。

通常は頭幅が15mm以上あれば90mmUPが狙えるラインとなります。

頭幅15.3mmもそこそこ大きい方なのですが、16.2mmともなれば別格の大きさで1年を通し2〜3頭出現するかどうかといった化け物クラスです。

同血統の個体同士を掛け合わせても♂と♀の相性次第で素質は変わり、必然当たりハズレが出るのですが、16mm以上の頭幅を持つ3齢幼虫が出現したことから優れた資質を持つ血統であると考察しています。